黄昏のカフェレストランで待ち合わせをしていて、男性が車でやってくる。
 女性は一人で先にやって来てワイングラスを傾けている。
 
 勿論その男性は、車で来たわけだから、お酒を飲むわけにはいかない。
 その時に、彼が頼んで様になる飲み物は缶・ペリエ・プレーン(330ml)ペリエだけだ。
 間違っても烏龍茶などを頼んではいけない。
 おもむろに車のキーをテーブルに置いて、ウェイターに「ペリエ」と注文してみて欲しい。
 そして、無造作にライムを搾って飲む。
 絶対に、女性の心をとりこにするのは間違いがない…と思う。
 
 ペリエはドライブデートの友だ。

   注:これは私の感覚なので、成功するという保障はない。
   「すいません。うち、ペリエ置いていないんですぅ。」と言われて、
   馬鹿にされる可能性もある。あらかじめ、調べておいたほうがいい。

 
 多くの女性は、格好いい男性が好きなわけでは決してない。
 自分のために格好をつけてくれる、その心遣いが嬉しいのだ。
 烏龍茶を頼んだからといって、別に嫌われるということもないので安心して欲しい。
 
 デートの場所も、レストランではなく、居酒屋でもファミレスでも、相手次第では実はどこでも構わないいう女性が大半だと思う。



最新人気blogランキング!
 このシチュエーションは、逆でもいい。
 女性が、自分で運転してやってきて、男性が先にビールを飲んでいる。
 ここでは何故かワインよりもビールが様になる。
 そこで彼女が頼んでもいい飲み物もやはりペリエだ。

 ところで、そんな、格好をつけたシチュエーションでなくても、ペリエはおいしい。
 料理の味も妨げない。
 私は、元々はアルコールに強い体質ではない。お酒は、なければないで構わない。
 ところが、我が家の近くには、おいしいワインショップがある。
 そのため、ワインをあれこれ試したくなる。
 余程気をつけないと、夜ついついワインを飲んでしまう。

 ワインのポリフェノール効果を最初に発表したのは、確かボルドー大学だったと思う。
 何という、手前味噌な研究だ。
 アルコールの害と天秤にかけると、正直なところ、相殺されてしまうのは間違いない。
 それを防止するためにも、最近はペリエを常に24本ケースで購入してストックしてある。
 
 別に気取りたいわけではなく、私は甘い飲み物が好きではないので、お茶を飲みたくない場合は、これがないと困るのだ。
 それに、味覚的に、アルコールの代替品としては極めて適当である。
 
 色々と書いたが、要するに、私はペリエが好きなのだ。



家に色々な飲み物を揃えると、ささやかですが、気分が充実します。人気blogランキングに応援のクリックをお願いいたします


元祖ブログランキング ほかのブログも見てみたい!