小枝の超!極私的読書術

あなたも絶対本が読みたくなるブログです!皆が読んでいる本も、小枝的独自の切り口でご紹介!誰も読んでいない本は、紹介するだけでも意味があるのでご紹介!自分を変えるのに役立つ本を中心にご紹介

2005年01月

数学には複数の解法があり、そのどれを選ぶかは、その人の脳の個性によって異なるというのが知られているようです。数学が得意になるには複数の方法があるようなのです。病気で数学的能力の一部が脱落しても、他の機能がそれを代償することが知られています。 ...

お母さん、ノーベル賞をもらう―科学を愛した14人の素敵な生き方 「個人を改良する以外に、より良い世界をつくる方法はない」  マリー=キュリー・スクロドフスカ  女性が働くということの本質は何だろう?    それは、紆余曲折や仕 ...

大仏破壊 バーミアン遺跡はなぜ破壊されたか 「“大仏破壊”は“9・11”への“プレリュード(前奏曲)”だったのです」 (大仏破壊 バーミアン遺跡はなぜ破壊されたのか より)  気持ちをすかっとさせるディズニー映画や「水戸黄門」などの勧善懲悪ものの映画やド ...

ライオンと魔女 ナルニア国ものがたり(1) 昔読んだ本 小学校低学年〜中学年編①     たんすの奥と井戸の底    子供の頃、この本を読んだとき、 「こんな面白い本、読んだことない。」 と思ったものだった。すっかり魅せられてしまった ...

リー・ストラスバーグとアクターズ・スタジオの俳優たち―その実践の記録  社会で生きていく中で、一度も「演技」をしたことのない人はいるだろうか?  恐らく、どのように自然体をモットーにしている人でも、それはあり得ないと思う。  本書を手に取ったきっかけ ...

 ところで唐突ですが、皆様は読書をする時に飲み物を用意されますか? 私は大抵の場合、何かを用意してから読み始めます。夏だったら、冷たいレモネード、冬は紅茶(以前はコーヒー党だったのですが今は紅茶)が定番です。  レモネードは子供の頃、たぶん若草物語か赤 ...

 本日1月15日。東京では、冷たい雨が降っていました。  松任谷由美の曲のようにロマンティックな雨ではありません。  本当に困った雨です。  受験生の皆様、雪にならなくて良かったですね。  東京の交通機関は本当に雪に弱いので。  山下達郎の「クリスマス・ ...

ダーウィン教壇に立つ―よみがえる大科学者たち  プレゼンテーションの最大のポイントは、ストーリー性の有無である。  事実だけをランダムに並べ立てても、相手の心を打つことは決して出来ない。  心を打つどころか、理解を誘うことすら出来はしないのだ。  こ ...

 黄昏のカフェレストランで待ち合わせをしていて、男性が車でやってくる。  女性は一人で先にやって来てワイングラスを傾けている。    勿論その男性は、車で来たわけだから、お酒を飲むわけにはいかない。  その時に、彼が頼んで様になる飲み物はペリエだけだ。 ...

愛の解剖学  タイトルと異なり、ロマンティックな本では全くない。  でも、絶対に面白い本だ。  ドイツのマックス・ブランク人間行動学研究所における人間の求愛行動に関する行動学の研究の集大成である。あの竹内久美子氏の師である、日高敏隆博士が監修を行なって ...

↑このページのトップヘ